アサヒの グルコサミンexは高齢者にも飲みやすい設計になっている

老夫婦

代表的な症状と治療

袋

効果のある治療

更年期障害と診断された時に症状を緩和させるために行う治療法がいくつかあります。代表的なものと言われているのが、ホルモン療法、漢方、薬物療法です。更年期障害は女性ホルモンの影響によって起こる現象です。女性ホルモンとして卵巣で作られるエストロゲンという成分が更年期になると作られなくなってきます。エストロゲンが減少すると脳から卵巣にもっと作るようにと命令されます。しかし、卵巣も作ることが出来なくなり、その矛盾から身体や精神的に影響を及ぼしてしまうのです。更年期障害の症状はひとつではなく人によって起こる症状も違います。従って治療によって向いている治療も異なります。また、薬による副作用が起こることもあります。

治療の進め方

更年期障害は中高年の女性が多く体験する症状ですが、症状が悪化すると身体に負担が掛かり健康にも悪影響になるので早めに対策を取りましょう。まず、更年期の症状が現れ始めたら専門医療機関で診てもらいましょう。更年期障害と診断されたら薬を投与されることがほとんどです。ホルモン値によってはホルモン療法を行う事もありますし、うつ状態など精神的な面で症状が強く出ていれば抗うつ剤などを投与されることもあります。その他にも身体にリスクが少ないとされている漢方薬を服用することもあります。医師の指示に従って薬を服用しましょう。経済的に負担も少ないサプリメントの服用も効果的です。更年期障害は一時的なものでもあります。上手に付き合ってストレスフリーの生活を心がけましょう。