アサヒの グルコサミンexは高齢者にも飲みやすい設計になっている

老夫婦

効果的な処方方法

薬膳

いろいろな処方とサポニン

更年期障害は卵巣機能の低下によって女性ホルモンが減少することで発症する症状です。更年期になると予防として女性ホルモンの充填注射を行う人もいますし、内服薬を飲む人もいます。しかしながら、そうした処方に対して抵抗を感じる人も多くいます。できれば薬や注射に頼りたくないという心理が日本人女性には特に強いです。そのような人には漢方で症状を緩和しましょう。実際に更年期障害対策で多く飲まれている漢方は高麗人参と田七人参の2つです。これらの漢方には共通点があります。それは両方ともサポニンという成分が配合されていることです。サポニンは女性ホルモンの分泌を促進させる働きを持っています。したがって、摂取することで更年期障害の原因の女性ホルモンの減少を防止します。

注意点と改善内容

更年期障害対策で漢方を飲む際に注意点があります。それは必ず医師と相談することです。それというのも、漢方にはいろいろな種類がありますので、身体を冷やしたり暖めたりと、同じ漢方という名前であってもものによっては正反対の効果があります。もちろん、漢方の生薬から作られたサプリメントであれば個人での判断でも使用可能です。適切な漢方を飲むことで精神的なイライラやだるさを解消することができます。また、そうした精神的なものだけでなく身体的な悪影響めまいや立ちくらみも治療することができます。これらの症状も更年期障害の症状の1つです。更年期障害の発症は40代後半からが多いので、この年齢に差し掛かっている人は対策しておきましょう。