アサヒの グルコサミンexは高齢者にも飲みやすい設計になっている

老夫婦

新しい成分エクオール

婦人

エストロゲンの働き

女性にとって大事な働きをしているのが女性ホルモンのひとつエストロゲンです。エストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンで、肌や髪がきれいに保ち、自律神経のバランスが整える働きをしています。更年期障害は加齢でエストロゲンの働きが衰え、自律神経のバランスが乱れることで発症します。エストロゲンは加齢の他に、ストレスやダイエットなどが原因でも減少します。若くしてエストロゲンが減ると若年性更年期障害になります。20代や30代で若年性更年期障害を発症すると、他人よりも老化スピードが早くなります。エストロゲンの減少はサプリで食い止めることができます。大豆イソフラボンのサプリはエストロゲンと同じ働きをする有効成分を含んでいて、更年期障害予防にお勧めです。

エクオールを取る方法

大豆イソフラボンを食べると、腸内細菌の働きでダイゼインという物質がエクオールに変換されます。このエクオールが、卵巣でエストロゲンの働きをサポートする大事な物質です。しかし、エクオールに変換されずにダイゼインのまま吸収されると、効果はほとんどなくなります。ダイゼインをエクオールにする腸内細菌は、持っている人と持ってない人がいます。45才〜55才の更年期の女性で50%、若い女性で20%しかいないそうです。しかし、今はエクオールを産生する腸内細菌がない人のためのエクオールのサプリメントが開発されています。エクオールのサプリメントがあれば、腸内細菌を持っていない人でもエクオールで更年期障害対策ができます。